プロの意見を積極採用

不倫の代償として請求されてしまう慰謝料ですが、こうした請求が来た際に逃げ回ることは得策ではありません。先方も弁護士などの法律のプロを味方につけた上で請求してくることが考えられるため、逃げ回ればかえって高額な支払いにつながってしまうこともあるからです。そのため、過ちを認めた上で支払いをおこなうしかないのですが、場合によっては支払いを回避できるケースもあります。

弁護士に相談だからこそ、こうした請求をされた場合には自分も法律のプロである弁護士に相談しておきましょう。たとえば自分が独身者で、既婚者と不倫をしていた場合に、相手が結婚していた事実を本当に知らなかったような場合には慰謝料を支払わなくてもいいケースもあるのです。もちろん、これを立証する必要がありますが、こうした行為も弁護士が味方についていれば何かと相談が可能です。

さらに言えば、慰謝料には相場がありますので、その点も弁護士がいれば無茶な金額を請求されたり、支払いを命じられることもありません。過ちは仕方がないものの、その際の慰謝料に関してはできる限り安く済ませられるように努力したいのであれば、弁護士という法律のプロを味方につけて、話し合っていきましょう。


ヘタに対応しないこと

不倫という過ちを犯した際に請求されることになる慰謝料ですが、これに関しては相手の言いなりになって即座に対応しないということも大切です。慰謝料が請求されるのは妻帯者ならば夫もしくは妻となりますが、それ以外にも妻帯者と不倫をしていた男性もしくは女性になります。夫婦関係が離婚という結末を迎えていなくても、この妻帯者と不倫をしていた男性もしくは女性にのみ慰謝料が発生することもあります。

相場そして、自らの過ちがあるために、こうした請求をされる場合、即座に相手の言い値で支払って終わらせようと考える人もいます。たしかにそのような行為によって支払えるお金があり、それによって後悔しないということであれば、早めにすべてを終わらせるという意味では有効かもしれませんが、そもそも相手の言い値の場合、相場よりも高額になっている可能性も捨てきれません。

だからこそ、相手から言われたからというだけの理由で何も考えずに払ってしまうのは考え物です。慰謝料と言えどもそこには相場がありますので、相場の範囲内で払っておくべきと言えます。特にお金にそこまで余裕があるわけではないということであれば、相場を超える支払いは避けておきたいものです。

→→→プロの意見を積極採用


不倫の慰謝料への悩み

昨今の芸能ニュースでは芸能人の不倫が騒がれていますが、この不倫は今も昔も多くの人が踏み込んでしまう領域です。いけないこととはわかっていても、男女である以上、たとえ既婚者であっても理性が働かなくなり、押し留まれないこともあります。しかし、この不倫が誰にも知られずに進んでいるのであれば何も問題ありませんが、既婚者が自分自身のパートナーにバレてしまえば、それをきっかけに離婚に至ることもあります。

慰謝料の請求そして、単に離婚するだけではなく、離婚の際には慰謝料の請求をされてしまうこともあります。自分自身の不倫が原因による離婚となれば、ほとんどのケースにおいて慰謝料を求められます。また、不倫をしていた相手にも慰謝料の請求がいく場合があります。たとえば自分自身が男であり、奥さんがいた場合には、奥さん以外の女性と不倫をしていたということになるわけですが、この奥さん以外の女性にも請求が行くのです。つまり、既婚者との不倫は、たとえ自分が独身であろうとリスクがあるわけです。

そのため、このような請求によって悩んでしまっている方も多いのではないでしょうか。これまで慰謝料という言葉は聞いたことがあっても、その詳細を知らなかったという人が多いはずですが、おそらくこの請求をもって詳しくなるはずです。しかし、いざ慰謝料を請求されると何をどうしていいのかわからずに途方に暮れてしまう人も多いはずです。そこで、ここでは不倫の慰謝料のリアルを伝授いたします。

→→→ヘタに対応しないこと