プロの意見を積極採用

不倫の代償として請求されてしまう慰謝料ですが、こうした請求が来た際に逃げ回ることは得策ではありません。先方も弁護士などの法律のプロを味方につけた上で請求してくることが考えられるため、逃げ回ればかえって高額な支払いにつながってしまうこともあるからです。そのため、過ちを認めた上で支払いをおこなうしかないのですが、場合によっては支払いを回避できるケースもあります。

弁護士に相談だからこそ、こうした請求をされた場合には自分も法律のプロである弁護士に相談しておきましょう。たとえば自分が独身者で、既婚者と不倫をしていた場合に、相手が結婚していた事実を本当に知らなかったような場合には慰謝料を支払わなくてもいいケースもあるのです。もちろん、これを立証する必要がありますが、こうした行為も弁護士が味方についていれば何かと相談が可能です。

さらに言えば、慰謝料には相場がありますので、その点も弁護士がいれば無茶な金額を請求されたり、支払いを命じられることもありません。過ちは仕方がないものの、その際の慰謝料に関してはできる限り安く済ませられるように努力したいのであれば、弁護士という法律のプロを味方につけて、話し合っていきましょう。