ヘタに対応しないこと

不倫という過ちを犯した際に請求されることになる慰謝料ですが、これに関しては相手の言いなりになって即座に対応しないということも大切です。慰謝料が請求されるのは妻帯者ならば夫もしくは妻となりますが、それ以外にも妻帯者と不倫をしていた男性もしくは女性になります。夫婦関係が離婚という結末を迎えていなくても、この妻帯者と不倫をしていた男性もしくは女性にのみ慰謝料が発生することもあります。

相場そして、自らの過ちがあるために、こうした請求をされる場合、即座に相手の言い値で支払って終わらせようと考える人もいます。たしかにそのような行為によって支払えるお金があり、それによって後悔しないということであれば、早めにすべてを終わらせるという意味では有効かもしれませんが、そもそも相手の言い値の場合、相場よりも高額になっている可能性も捨てきれません。

だからこそ、相手から言われたからというだけの理由で何も考えずに払ってしまうのは考え物です。慰謝料と言えどもそこには相場がありますので、相場の範囲内で払っておくべきと言えます。特にお金にそこまで余裕があるわけではないということであれば、相場を超える支払いは避けておきたいものです。

→→→プロの意見を積極採用